読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対軸馬研究会

雑誌『競馬王』で紹介された馬券理論『絶対軸馬』を研究するブログです。ブログのタイトルともなっている「絶対軸馬研究会」とは、考案者の米田氏の承認を受けて、絶対軸馬について研究しているチームです。日々の研究の成果、週末の注目馬、それ以外の競馬にまつわることなどを書いていきたいと思います。

JRAダイレクトとザ・クラスへの道

JRAの馬券がクレジットカードを買えるのはご存知でしょうか。
「JRAダイレクト」という仕組みです。JRAホームページに詳細が載っています。

利用できるカード
利用にはいくつか制限があります。
・使えるカード会社が決まっている
・そのカード会社のインターネットの本人認証サービスへの登録が必要
・「家族カード」や「法人カード」、「一部の提携カード」
・未成年

利用する上での制限
利用する上でも不便な点があります。
・基本的にはPC専用(スマホは使えるものの非推奨)
・1回あたり100円のシステム使用料がかかる
・購入出来るのは1日3回(3レースではありません)まで
・1回あたり最低でも1000円の投票が必要(発売単位は100円)
・1ヶ月の利用限度額は50000円

 

ポイント還元で「いってこい」
ある意味、借金で馬券を買う形になるわけで、利用制限額があるのは致し方ないところでしょう。となるとネックになるのは100円のシステム利用料でしょうか。
ただ、昔は場外馬券売り場まで交通費をかけてでも行っていたことを思えば割り切れるかも。
さらにクレジットカードにはポイント還元がありますから、還元率1%であれば50000円で500ポイント。相殺されます。そう考えれば、日常的に活用しても損はないような気がします。

馬券でクレヒス!?
絶対軸馬研究会メンバーには、このJRAダイレクトをずっと利用している者がいます。その理由が「クレヒスを積むため」。
クレヒスとはクレジットヒストリーの略で、簡単に言えばカード保有者の「実績」を意味します。
プラチナカード、ブラックカードといったいわゆるステータスカードは、クレヒスを積んだ利用者への招待制を取っているカード会社が多いので、ステータスカードを手にするためには、たくさんカードを利用して実績を積む必要があるわけです(一口クラブの募集みたいですね、笑)。

THE CLASSへの道
そのメンバーはJCBのブラックカードTHE CLASS(ザ・クラス)に憧れています。表向きには彼女をディズニーランドの『クラブ33』に連れて行ってあげたい、と言っていましたが、周りは単にステータス目当てだと思っています(笑)。
通常、ゴールドカード→ゴールド ザ・プレミアを経て、JCBからインビテーションが届きます。ゴールド ザ・プレミアを手にするためには、ゴールドカードで年間100万円以上の実績を2年積む必要があり、ゴールド ザ・プレミアになってからも当然、それ以上の実績を積まないとインビテーションは望めず、庶民には簡単ではありません。

馬券だけで年間60万円の実績
しかしJRAダイレクトでひと月5万円の馬券を買い続ければ、それだけで年間60万円の実績になります。彼の馬券予算が月5万円なのでピッタリでした。
彼が言うには、「(手数料の関係で)1回でまとめて馬券を買うので、本当に買いたい馬券を、前日にしっかり吟味して買うようになった」とのこと。副産物として馬券収支も向上したそうです。

絶対軸馬研究会としては、彼のもとにインビテーションが届くのをぬるーく見守っていますが、クレヒス目当てでなくとも、JRAダイレクトは活用する意味がある気はしています。気になる方は、一度試してみてはいかがでしょうか?