絶対軸馬研究会

雑誌『競馬王』で紹介された馬券理論『絶対軸馬』を研究するブログです。ブログのタイトルともなっている「絶対軸馬研究会」とは、考案者の米田氏の承認を受けて、絶対軸馬について研究しているチームです。日々の研究の成果、週末の注目馬、それ以外の競馬にまつわることなどを書いていきたいと思います。

5月14日・15日の的中報告

先週の絶対軸馬は3-2-4-3で複勝回収率95%。KF3特注穴馬は3-1-3-23で複勝回収率55%。絶対軸馬研究会のイチオシKF3は1-1-0-4で複勝回収率83%。 絶対軸馬の複勝回収率100%超えは4週でストップ。それでも95%ならば及第点といったところでしょうか。先週はKF…

4月30日〜5月8日の的中報告

4月30日、5月1日絶対軸馬 5-0-1-1 複勝回収率131%(単勝回収率171%)KF3特注穴馬 3-0-6-24 複勝回収率62%(単勝回収率81%)絶対軸馬研究会のイチオシKF3 0-0-1-5 複勝回収率26%2頭パターン 4レース発生で1レース成立 5月7日、5月8日絶対軸馬 3-4-3-2 複…

4月23日・24日の的中報告

先週の絶対軸馬は6-1-1-2で単勝回収率156%、複勝回収率107%。2頭パターンは1レース発生で1レース成立(3連単2070円)。KF3特注穴馬は2-3-4-24で複勝回収率75%。絶対軸馬研究会のイチオシKF3は1-0-0-5で複勝回収率25%。 絶対軸馬は頑張ってくれましたが、…

4月16日・17日の的中報告

先週の絶対軸馬は3-4-3-2で複勝率83.3%、複勝回収率121%。2頭パターンは2レース発生で1レース成立(3連単11140円)。KF3特注穴馬は5-4-2-21で複勝回収率94%。絶対軸馬研究会のイチオシKF3は1-1-0-4で複勝回収率86%(単勝回収率150%)。 理論該当馬が満…

4月9日・10日の的中報告

先週の絶対軸馬は2-1-2-4で複勝回収率77%。2頭パターンは1レース発生も不成立。KF3特注穴馬は3-0-2-23で複勝回収率44%。絶対軸馬研究会のイチオシKF3は0-0-1-5で複勝回収率33%。 NZTをKF3のジャングロを勝ってくれたぐらいしか見せ場がなく、不調に終わり…

3月26日・27日、4月2日・3日の的中報告

3月26日、27日絶対軸馬 3-0-4-4 複勝回収率82%KF3特注穴馬 4-7-1-24 複勝回収率74%イチオシKF3 1-2-0-3 複勝回収率78% 4月2日、3日絶対軸馬 3-1-0-2 複勝回収率78%(単勝回収率106%)KF3特注穴馬 4-2-6-18 複勝回収率123%(単勝回収率145%)イチオシK…

3月12日・13日、19日〜21日の的中報告

先週の分がアップできていなかったので、まとめてご報告します。 3月12日、13日絶対軸馬 5-2-1-3 複勝回収率88%KF3特注穴馬 1-4-3-23 複勝回収率63%イチオシKF3 0-2-2-2 複勝回収率170%2頭パターン 3レース発生1レースで成立 3月19日〜21日絶対軸馬 4-3-3…

3月5日6日の的中報告

先週の絶対軸馬は2-1-1-3で複勝率57.1%、複勝回収率64%。KF3特注穴馬は4-3-3-18で単勝回収率165%、複勝回収率116%と好調でした。絶対軸馬研究会のイチオシKF3は1-0-0-5で、単勝回収率80%、複勝回収率30%。KF3特注穴馬が頭まで届いて波乱を演出してくれ…

2月26日27日の的中報告

先週の絶対軸馬は2-6-3-2で複勝率84.6%、複勝回収率107%。2頭パターンは3レース発生し2レースで成立。KF3特注穴馬は4-4-3-24で単勝回収率120%、複勝回収率78%。絶対軸馬研究会のイチオシKF3は2-0-1-3で、単勝回収率141%、複勝回収率93%。絶対軸馬が安…

2月19日20日の的中報告

先週は絶対軸馬は5-1-0-5で単勝回収率150%、複勝回収率70%。2頭パターンは4レース発生し1レースで成立。KF3特注穴馬は4-1-3-23で単勝回収率109%、複勝回収率60%。絶対軸馬研究会のイチオシKF3は1-0-3-2で、単勝回収率118%、複勝回収率161%。単系はまず…

2月12日13日の的中報告

先週は絶対軸馬は1-2-1-5と不調。2頭パターンは1レース発生し不成立。KF3特注穴馬は6-1-4-21で単勝回収率133%、複勝回収率87%。絶対軸馬研究会のイチオシKF3は1-0-1-4で複勝回収率80%でした。 単勝回収率100%超えを達成したKF3特注穴馬を活用した的中報…

2月5日6日の的中報告

先週は絶対軸馬は2-2-1-4。複勝率55.6%、複勝回収率94%でした。2頭パターンは2レース発生し1レースで成立。KF3特注穴馬は2-6-2-23で複勝回収率108%。絶対軸馬研究会のイチオシKF3は0-1-0-5も複勝回収率203%でした。 日曜東京12Rは絶対軸馬とKF3特注穴馬…

1月29日30日の的中報告

先週は絶対軸馬は3-1-0-4。単勝回収率130%、複勝回収率71%でした。2頭パターンは5レース発生し1レースで成立。KF3特注穴馬は2-2-3-25で複勝回収率67%でした。芝に絞ると2-1-2-9だったので、ダートのピントが合っていませんでした。 また、絶対軸馬研究会…

1月22日23日の的中報告

先週は絶対軸馬は4-2-2-1で複勝率88.9%、複勝回収率97%。2頭パターンは2レース発生し2レースで成立。3連単5500円と7820円となりました。KF3特注穴馬は2-4-3-21で複勝回収率90%でした。KF3特注穴馬は4着が7回あったのが悔やまれます。 また、絶対軸馬研究…

1月15日16日の的中報告

先週は絶対軸馬は1-3-2-2で複勝回収率123%、KF3特注穴馬も5-2-3-21で複勝回収率105%(単勝回収率141%)と好調をキープしています。 また、絶対軸馬研究会のイチオシKF3は1-0-0-5で複勝回収率51%(単勝回収率208%)でした。今週も当研究会に的中報告が届…

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。なかなか更新がままなりませんが、今年もよろしくお願いいたします。 年明けは理論該当馬が好調で、絶対軸馬は6-4-2-3で複勝回収率100%、KF3特注穴馬も8-5-4-37で複勝回収率90%(単勝回収率193%)。 また、絶対軸馬…

11月20日(土)の「絶対軸馬研究会のイチオシこぼれ穴馬」2頭

「絶対軸馬研究会のイチオシKF3」(厳選3頭)に惜しくも選ばれなかった馬をご紹介。※なお、米田幸憲さんの選出には入っている可能性があります。 阪神3R 7フェブサンカラ3走前昇級点超えかつ最高指数最上位。2走前はハイペースと直線不利、前走はダートと敗…

コンビニプリント、noteのご案内

先週の絶対軸馬は1-5-0-2で複勝回収率108%、2頭パターンは2レース発生し1レースで成立。KF3特注穴馬は4-4-2-21で単勝回収率118%、複勝回収率76%でした。絶対軸馬研究会のイチオシKF3は1-2-1-2で単勝回収率178%、複勝回収率183%。 絶対軸馬理論の該当馬…

セントライトの展望(中山芝2200m)/ここで上位なら菊花賞でも好勝負必至

頭数は14頭にとどまったが、春の実績馬と上がり馬が入り混じる面白い一戦。春のクラシックホースが菊花賞に向かわない可能性が高いため、ここを制した馬は菊花賞でも有力だろう。

紫苑Sの展望(中山芝2000m)/伸びしろ大きい条件馬に期待

4回中山の開幕週。この開催は、京成杯オータムハンデの勝ち時計を並べただけでも明白だが、年によって時計が大きく異なるのが特徴。野芝のみでの超高速決着か、時計を要しての差し決着か。前日時点で読み切るのは難しいが、このレース自体は外が比較的優勢だ…

札幌2歳Sの展望(札幌芝1800m)/素質をとるか、実績をとるか

オホーツクSは◎△△で3連複4490円的中!キャリア1戦の素質馬が2頭参戦。キャリアを積んだ叩き上げとの比較が馬券の鍵になりそうだ。

キーンランドカップの展望(札幌芝1200m)/内か外か? メイケイエールの動きも鍵

札幌記念は△◎△で3連複3020円的中!オホーツクSは◎△△で3連複4490円的中! 土曜メインのオホーツクSはアンティシペイトが差し切り勝ち。アンティシペイトの地力強化もあるだろうが、思いのほか、差し馬場に振れている可能性も。加えてメイケイエールがどういう…

オホーツクステークスの展望(札幌芝2000m)/Cコース替わりで得する馬は?

先週は△◎△で3連複3020円的中! 今週よりCコース使用。内がカバーされる分、先週よりも前有利傾向に振れそう。全体的には拮抗したレベルなので、展開面が大きな比重を占めるだろう。

札幌記念の展望(札幌芝2000m)/例年、内枠が強い一戦

とにかく内枠が強い一戦。今年は例年とはコースローテーションが異なるが、それでも、本質的な性質は踏襲されるとみる。

札幌日刊スポーツ杯の展望(札幌芝2600m)/タフな戦いで浮上するのは?

洋芝の長丁場。芝の状態はまだ内が残れそうだが、ここはそれなりに先行タイプが揃った。展開が乱れるとタフな競馬になりそうだ。

関屋記念の展望(新潟芝1600m)/例年は外枠の先行馬が恵まれる傾向だが

土曜の阿蘇Sは△◎で馬連8270円的中!外枠の先行馬が恵まれやすいレース。今年も馬場や天候を考慮すると、その傾向を引き継ぐとみる。

阿蘇Sの展望(小倉ダ1700m)/高速化必至で恵まれる馬は?

週中からレース当日にかけて雨が降り続き、脚抜きの良い馬場での施行。小倉のダートは雨が降ると超高速化し、圧倒的な前残り馬場に振れることが多い。ただし、それが故にペースが上がっての逆転劇もあるのが難しいところだが。。。

レパードSの展望(新潟ダ1800m)/1勝クラスからの参戦も多数。指数を活用してレースレベルを把握したい

僅かに降雨の可能性はあるが、現状はパサパサのダート。標準的な新潟のダートとなっている。15頭中、オープン以上からの参戦が1頭だけというイレギュラーなメンバー構成だけに、ステップレースのレベル比較が鍵となりそうだ。

新潟日報賞の展望(新潟芝1400m)/高速馬場の新潟内回りへの対応が鍵

絶好の馬場でスタートした3回新潟は、3週目を迎えてもまだ良い状態を保っている。内回り戦でもあり、ここも後方一気は簡単ではないだろう。

クイーンSの展望(函館芝1800m)/内を捌ける馬が穴の使者に

Bコース替わりでも単純に「内・前」には振れていなかった土曜の競馬。ならば穴の期待は内を捌く差し馬か。