絶対軸馬研究会

雑誌『競馬王』で紹介された馬券理論『絶対軸馬』を研究するブログです。ブログのタイトルともなっている「絶対軸馬研究会」とは、考案者の米田氏の承認を受けて、絶対軸馬について研究しているチームです。日々の研究の成果、週末の注目馬、それ以外の競馬にまつわることなどを書いていきたいと思います。

1月26日の注目馬

小倉6R 4ドロウアカード ★

最高指数最上位。ベストパフォーマンスは芝の中距離で。

 

小倉7R 4アイキャンテーラー ★★

最高指数最上位。逃げた未勝利戦で圧勝。距離延長、ブリンカーで逃げられれば。

 

中山7R オルダージュ ★★

最高指数最上位。ハイペース続きも、展開および馬場一つでチャンスある。

 

京都10R 6パンサラッサ ★

前走太字1位タイ。時計が掛かるほど良いタイプ。良血揃いで盲点になるなら。

1月25日の注目馬 素質上位のプモリテソーロ

脚をためれば伸びてくるメイショウベルボン

小倉02R 02マイネルエンカント ★

2走前昇級点超えのKF3特注穴馬。前走は出遅れから強引な競馬で度外視可能だ。出遅れ癖があるので楽観は出来ないが、普通に走れば巻き返せる。

中山05R 01プモリテソーロ ★★

2走前昇級点超えのKF3特注穴馬。前走は間隔を詰めたことで馬にスイッチが入ってしまった様子。2走前だけ走れれば未勝利脱出は時間の問題だ。土曜最初の芝で馬場は不明だが、朝一の段階では内が致命的になることはないと見る。

小倉07R 09メイショウベルボン ★

最高指数最上位のKF3特注穴馬。現級勝ちの実力馬。前走は17番枠からの先行策で脚を無くしたが、しっかり脚をためられれば伸びてくる。時計を要する今の馬場はいい。

中山12R 08パールドバイ ★

3走前昇級点超えおよび最高指数最上位のKF3特注穴馬。屈腱炎での長期休養明けだけに脚元、状態の不安は否めないが、調教ではまずまず動いている。指標的には抜けた存在なので、手頃な人気であれば狙ってみたい。

※★は三段階評価のオススメ度

1月19日の注目馬

小倉2R 3リフタスフェルト ★

2走前昇級点超え。テンの脚はあり、行き切れればチャンス。

 

京都7R 7イオウゼン ★★

前走太字1位。昨秋だけ走れば力は通用。今の時計の掛かる馬場も合う。

 

小倉11R 1ヒロイックアゲン ★★★

前走太字1位かつ最高指数最上位。大外枠から最内枠へと好転。

 

京都12R 9ロングベスト ★

3走前昇級点超え。末脚堅実。人気4を巡ってペースが上がれば面白い。