絶対軸馬研究会

雑誌『競馬王』で紹介された馬券理論『絶対軸馬』を研究するブログです。ブログのタイトルともなっている「絶対軸馬研究会」とは、考案者の米田氏の承認を受けて、絶対軸馬について研究しているチームです。日々の研究の成果、週末の注目馬、それ以外の競馬にまつわることなどを書いていきたいと思います。

9月15日の穴馬候補 力は足りるキタサンヴィクター

9月15日の穴馬候補
適距離に戻ってペリトモレノ

中山3R 10ペリトモレノ
2走前昇級点超えのKF3。前走は置かれ気味になりながら盛り返して6着。実績通り1200mがベターで、前が止まらない馬場を考慮すると、前走でテン33.9秒の流れを経験したのもプラスに働きそうです。

阪神10R 2サヤカチャン
2走前昇級点超えのKF3。距離を縮めて良さが出ました。時計が出る馬場だけに、内枠を引けたのは大きなプラス。ある程度の位置を取れればチャンスは十分あるでしょう。

中山10R 2キタサンヴィクター
最高指数最上位のKF3。出色の好指数で未勝利勝ち。それを思えば伸び悩み気味の現状ではあります。しかしここはいかにも相手に恵まれました。横山典騎手の手綱捌きにも期待します。

9月7日の穴馬候補 フローラSだけ走ればフェアリーポルカ

9月7日の穴馬候補
被されなければ一変もあるアオイツヤヒメ

阪神6R 13アオイツヤヒメ
3走前昇級点超えのKF3。2走前は被され、前走は距離と、ここ2戦の敗因は明白です。3走前の圧巻の内容と指数を見れば、ここでも能力通用は明らか。大外枠かつ勝利時の騎手に戻るここで、一変を期待します。

スポンサーリンク
 

阪神11R 2ドンフォルティス
最高指数最上位のKF3。2、3歳時の実績からは思わぬ伸び悩みですが、4走前には僅差の4着もあり、一介の早熟馬とは思えません。有力どころが前がかりになるようであれば、距離短縮+ブリンカーで一発があっても。

中山11R 6フェアリーポルカ
2走前昇級点超えのKF3。フローラSは大外枠から道中で動いての5着で、非常に濃い内容でした。一瞬の脚に見所があったので、中山はむしろ向く可能性も。権利取りがかかっており、初戦から仕上げも抜かりはないはずです。

8月31日の穴馬候補 新潟外回りでラシェーラの爆発期待

8月31日の穴馬候補
差し馬場を味方にスキップ

札幌3R 6シゲルアパライト
2走前昇級点超えのKF3。2走前、3走前に昇級点超えを記録しており、未勝利を勝つ力は十分に秘めています。休養明けの前走でもさすがの先行力を見せましたが、急失速。叩いた上積み、距離短縮で一変を期待します。

小倉9R 11スキップ
3走前昇級点超えのKF3。楽に行けた前走が案外の内容でしたが、過去の好走時は見る限り、脚を溜めた方が良いタイプなのでしょう。時計を要する芝には実績がありますし、差しが利く今の馬場を考えれば枠順も絶好です。

スポンサーリンク
 

新潟9R 13ラシェーラ
2走前昇級点超えのKF3。2走続けてオープンを使われて差は僅か。秋に向けて賞金を加算したい3歳馬で、陣営からも成長を窺わせるコメントが出ています。ルーラーシップ産駒だけに新潟外回りもプラスに働くとみます。