絶対軸馬研究会

雑誌『競馬王』で紹介された馬券理論『絶対軸馬』を研究するブログです。ブログのタイトルともなっている「絶対軸馬研究会」とは、考案者の米田氏の承認を受けて、絶対軸馬について研究しているチームです。日々の研究の成果、週末の注目馬、それ以外の競馬にまつわることなどを書いていきたいと思います。

12月17日 障害馬券師ウオトモの障害ワンポイントアドバイス

スポンサーリンク
 

昨日も注目馬のクロフネフリートが4番人気2着。予想通りの展開で逃げ粘ってくれました。この分析の精度はさすがです。
なお、本日の複コロ候補については、絶対軸馬研究会のツイッターにて公開しています。

中京4R障害未勝利の分析
本日も検討対象が少ない一戦

初障害6頭と大差負け馬が数頭。検討材料が少ないレースです。1番人気候補は4キングスーサ。前走で穴推奨で3着でした。前に付けられたのはいい傾向ですが、その分、末脚の魅力は薄れた格好。前走はなかなかの相手でしたし飛越も上手ですが、平地力に乏しく、人気で受けて立つタイプではありません。
無難にいくなら12ブルーガーディアン。新潟で走って中山、福島で崩れるという分かりやすいタイプ。飛越も巧みです。ただ、2走前のメンバーレベルは平凡。
14ナポレオンはレースを重ねるごとに飛越が上達し、前走も4コーナーまで見せ場がありました。ただ左回りに良績がなく、平地力もイマイチなので中京が向くかどうか。
6コスモストレンジは初障害戦が好メンバーでの4着。キングスーサにも先着しています。ただ前走を見てもふわっとした飛越で不安定。これでは推せません。

続きを読む

12月17日の堅軸候補、穴馬候補 ここは確勝級のマニクール

スポンサーリンク
 

本日は堅軸馬候補はきっちりと走ってくれましたが、穴馬候補は不発。この精度は馬券収支に直結するので上げていかなければなりません。ターコイズSは○→◎で決着して馬連2570円と上手くいきました。

12月17日の堅軸候補
初戦が好内容 ターフェルムジーク

阪神1R 1マニクール
「6・6ホース」の2歳絶対軸馬。前走2位との指数差22という確勝級の存在です。初ダート組の大駆けは警戒しつつも、ここはそこまで骨っぽい馬はいなさそう。前走同様1番枠なのでハナにこだわっていくでしょう。一気の逃げ切りを期待します。

続きを読む

12月16日 障害馬券師ウオトモの障害ワンポイントアドバイス

スポンサーリンク
 

先週は穴候補が激走。複コロに活用するのはもちろん、通常の馬券勝負においても障害レースが有効なのが実感できる結果でした。競馬王のウオトモ氏の記事を読みながら予想文を読むと、より納得できますよ。
なお、本日の複コロ候補については、絶対軸馬研究会のツイッターにて公開しています。

競馬王 2018年 1月号

競馬王 2018年 1月号

 

中京4R障害未勝利の分析
検討対象がそもそも少ない一戦

14頭中、6頭が初障害、1頭が初戦落馬、さらに大差負け後が4頭と、検討対象がそもそも少ないレース。1番人気は5キンズズオブザサンでしょうか。前走は初戦より飛越は上達していましたが、押し出された感満載の今回で全幅の信頼は。。。
順当なら10クリミアタイガー。前走は落馬も2走前は中京でレコードの3着。メンバーもエルセロ、パフュームボム、シルバーソードと揃っていました。前走は鼻出血だったとのこと。ただ、やや飛越にはムラあり。
14クロフネフリートは初戦の新潟がまずまずの内容。前走はボルゲーゼのペースに巻き込まれながらも4コーナーまでは好位。飛越はうまく、直線に障害が2つある中京は向きそう。

続きを読む