読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対軸馬研究会

雑誌『競馬王』で紹介された馬券理論『絶対軸馬』を研究するブログです。ブログのタイトルともなっている「絶対軸馬研究会」とは、考案者の米田氏の承認を受けて、絶対軸馬について研究しているチームです。日々の研究の成果、週末の注目馬、それ以外の競馬にまつわることなどを書いていきたいと思います。

複勝軸馬とは

絶対軸馬理論解説

これまでは「複勝推奨馬」と呼んでいましたが、米田氏の新刊『絶対軸馬・絶対穴馬 安定黒字を実現する『競馬ブック』スピード指数活用ガイド』からは「複勝軸馬」と改められました。


導き出し方はこれまでと同じですが、より「3着内の軸」という位置付けをはっきりさせる意味も込めての改称とのことです。
僅かに条件を満たさず絶対軸馬とならなかった馬が複勝軸馬となるので、好走率などは絶対軸馬を下回っています。しかし複勝回収率は同水準を保っているため、信頼度が高いと判断出来る場合や、人気妙味があると判断出来る場合に、軸に据えることになります。


最近の例でいえば、ラジオNIKKEI賞を9番人気2着したダイワドレッサーが良い例で、ここまで人気が無ければ、積極的に勝負した場面でした。
フローチャートを使って簡単に導き出せますので、米田氏の過去の著作や新刊などでご確認ください。