読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対軸馬研究会

雑誌『競馬王』で紹介された馬券理論『絶対軸馬』を研究するブログです。ブログのタイトルともなっている「絶対軸馬研究会」とは、考案者の米田氏の承認を受けて、絶対軸馬について研究しているチームです。日々の研究の成果、週末の注目馬、それ以外の競馬にまつわることなどを書いていきたいと思います。

キャロットクラブ2016募集馬発表

キャロットクラブの募集馬情報が出ました。
絶対軸馬研究会にはキャロットクラブの会員がおり、既に頭を悩ませております。
何でも、会員数が多く出資馬決定のプロセスも複雑なので、「取りたい馬」と「取れる馬」の見極めが非常にデリケートなんだとか。まさに選挙顔負けの票読み合戦が繰り広げられるそうです。

外野から募集予定馬を眺めて気になったのは次の馬たち。

ドルチェリモーネ15(父ロードカナロア・メス・須貝)
シシリアンブリーズ15(父ヨハネスブルグ・牡・音無)
フォルテピアノ15(父ヘニーヒューズ・メス・安田)
シェルズレイ15(父キンシャサノキセキ・メス・国枝)
ディミータ15(父ルーラーシップ・メス・野中)

基準は、
1 高過ぎないこと(総額2400万円が上限)
2 一流厩舎であること(外厩を活用出来る若手はOK)
3 牝馬優先(キャロットCは牝馬が良さそう)
です。

ドルチェリモーネ15は須貝厩舎という点が魅力。シシリアンブリーズ15は牡馬ですが、この父なら手堅く回収出来そうな予感。フォルテピアノ15は早い時期から短距離で走りそう。シェルズレイ15は父のポテンシャルの高さに期待。ディミータ15はルーラーシップ産駒が高騰しているので。
責任は全く持てませんが、良かったら参考にしてみてください。