読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対軸馬研究会

雑誌『競馬王』で紹介された馬券理論『絶対軸馬』を研究するブログです。ブログのタイトルともなっている「絶対軸馬研究会」とは、考案者の米田氏の承認を受けて、絶対軸馬について研究しているチームです。日々の研究の成果、週末の注目馬、それ以外の競馬にまつわることなどを書いていきたいと思います。

2月18日19日の回顧

スポンサーリンク // 絶対軸馬は3-2-1-2とまずまずの好成績。小倉の絶対軸馬は引き続き好調です(画像は土曜小倉12R 1-14-18 5090円)。 複勝軸馬は0-1-0-4と不調。2頭パターンは、3着5着で不成立。絶対穴馬は0-1-0-1でした。KF3が好調で、ブログでも土曜京…

絶対軸馬研究会の馬券紹介

スポンサーリンク // 先週は、ブログで公開した推奨馬はイマイチに終わりましたが、理論該当馬はしっかり活躍。そして絶対軸馬研究会メンバーもいい馬券をモノにしたようです。理論に興味を持たれた方は単行本『絶対軸馬・絶対穴馬』をご一読いただければ幸…

2月11日〜13日の回顧

スポンサーリンク // 絶対軸馬は2-1-1-4。複勝率50%は自慢出来る数字ではありませんが、土曜京都9Rのヤマカツポセイドンは3番人気での勝利でした。複勝軸馬は1-0-1-1。土曜東京5Rで3着だったベイビーステップの複勝は420円。2頭パターンは8レース発生し2レ…

2月4日5日の回顧

絶対軸馬は2-1-2-2。成績自体は可もなく不可もなく、という水準なのですが、なかなか馬券に繋げにくいレースが多かった印象です。複勝軸馬は0-1-0-1、2頭パターンは3、6着と不成立でした。絶対穴馬は0-0-0-3。全体的に推奨馬が不振でしたので、今週末は何と…

1月28日29日の回顧

絶対軸馬は3-0-2-3。「6・6ホース」はしっかり2戦2勝、もう一頭は2位と差が9。信頼度の高いとされている馬がしっかり期待に応えてくれた週末となりました。特にブログで滅多にないと取り上げた「10・10ホース」の京都2Rは、インパクトがあったせいか、絶対軸…

1月21日、22日の回顧

絶対軸馬は4-0-2-2。日曜は連勝で見栄えのよい数字に持ち込むことが出来ました。複勝軸馬は1-1-0-1。 スポンサーリンク // 先週はKF3特注穴馬が好調で、ブログで取り上げた4頭のうち3頭が馬券に絡みました。中山での高配当2発で、絶対軸馬研究会メンバーの懐…

1月14日〜17日の回顧

絶対軸馬は3-4-1-6初日の不振からは帳尻を合わせた感がありますが、着外6頭と安定味に欠ける結果となりました。ただ、ニューイヤーSで単勝1540円のマイネルアウラートが勝利するなど、回収率的には結果が出せたのではないでしょうか。変則開催、不凍液の散…

1月5日7日8日の回顧

絶対軸馬は2-1-1-1 まずは勝率40%、連対率60%、複勝率80%ですから好スタートといって良いでしょう。来週以降もこの調子を持続していきたいところです。絶対穴馬は1頭出走して15着。脚質的に負けるときはこんなものでしょう。内目の枠も堪えました。枠順や展…

12月23日〜25日の回顧

絶対軸馬は2-3-1-5 スポンサーリンク // 最終日に6頭出走して1-3-0-2。これで何とか見栄えのする数字になりましたが、「6・6ホース」が沈んでしまったのは残念でした。ファイナルSのエイシンバッケンがきっちり2着して有終の美を飾ることが出来たのは良かっ…

12月17日18日の回顧

絶対軸馬は3-1-3-0 7頭出走して全て3着以内に頑張ってくれました。ハナ差凌いだレースもあり勝負強さを見せてくれましたね。2歳芝の絶対軸馬は2着1着。ラストの今週末での有終の美を期待したいものです。馬券は2歳絶対軸馬シャドウマリアが出走した日曜阪神4…

12月10日11日の回顧

絶対軸馬は3-4-1-3土曜日はパーフェクト連対だったのですが、日曜日に配当妙味のありそうだった組が揃って凡走。イマイチ弾け切らない結果となりました。確勝級だったリアンヴェリテは痛恨の出遅れ、妙味十分と踏んだフラワーファーストは更なるマイナス体重…

12月3日4日の回顧

絶対軸馬は3-0-1-5着外5頭と崩れてしまいました。開催替わり直後で馬場に泣かされた馬がいたのは確かですが、それでも馬券圏内には踏みとどまってもらわないといけません。

11月26日27日の回顧

絶対軸馬は2-0-1-2絶好調だった2週前のようにはいきませんでした。ギリギリ及第点といった成績でしょうか。2歳の芝かつ未勝利戦では相変わらずの安定感を見せてくれています。 2頭パターンが2回成立2日間で2頭パターンが4レース発生し、2レースが成立しまし…

11月19日20日の回顧

絶対軸馬は7-1-1-0日曜日は4-0-1-0。土日トータルでも馬券圏内パーフェクトと、先週の不振から巻き返すことが出来ました。日曜東京1Rのハットラブは、芝の2歳絶対軸馬かつ「6・6ホース」にも関わらず単勝6倍の3番人気。非常に美味しい馬券を提供してくれまし…

11月12日、13日の回顧

絶対軸馬は2-1-2-5馬券圏内50%止まり。指標的に堅そうな馬が沈んだレースもあり厳しい戦いを強いられました。連続開催の中盤で馬場判断の難しさはありますが、今週は巻き返したいところです。 絶対穴馬は0-0-0-2土曜のトウショウコマンチ、モンサンビアンカ…

11月5日6日の回顧

絶対軸馬は1-1-1-3馬券率50%ではいけません。しかも馬券に絡んだのは人気馬ばかりで厳しい戦いになってしまいました。今週は巻き返して欲しいと思います。 絶対穴馬の出走は無し先週は絶対軸馬の出走が少なかった上に、絶対穴馬の出走もゼロ。馬券が組み立て…

10月29日30日の回顧

絶対軸馬は2-1-1-5先週は不運な4着もあったとはいえ、全体的に不調に終わってしまいました。今週は巻き返して欲しいところです。紹介する馬券は土曜東京7Rで4番人気1着したペルルクロシュからの3連複(2-6-15:113.8倍)。予想外に人気にならず美味しい馬券…

10月22日23日の回顧

絶対軸馬は2-1-1-22歳絶対軸馬は2-0-1-0としっかり走っているのですが、古馬勢が不甲斐無い走り。ただ着外2頭は、指標的にやや不安要素のある馬だったのも事実。そういう上げ下げをこのブログでも上手くお伝えしていきたいと思います。 絶対穴馬は0-0-1-1土…

10月15日16日の回顧

絶対軸馬は単勝回収率169%絶対軸馬は3-1-1-3。圧倒的な1番人気を裏切った鞍もあり、好走率はあと一歩というところでしたが、3勝のうち2勝が3番人気で単勝配当は570円と650円、単勝回収率は169%を記録しました。絶対軸馬研究会メンバーも、単系の馬券で効率…

10月8日〜10日の回顧

「絶対穴馬」好発進!単行本『絶対軸馬・絶対穴馬』で初公開した「絶対穴馬」。特定の条件を満たした上で、当日2〜7番人気で該当するのですが、久多特別のダノンシーザーが2番人気2着、オクトーバーSのハッピーモーメントが4番人気2着と好走し0-2-0-1という…

9月24日25日の回顧

先週の絶対軸馬は2-1-1-2。妙味のありそうな馬が着外だったのは残念でした。2歳絶対軸馬は2-0-1-0で、芝に限れば2戦2勝。やはり、芝の2歳絶対軸馬の安定感は素晴らしいものがあります。16番枠から勝ち切ったアマノガワは昇級でも通用しそうです。 いよいよパ…

9月第3週の回顧

先週の絶対軸馬は2-0-0-4と安定感を欠く結果。勝利した2頭がともに2番人気3.8倍と配当妙味があった点だけが救いでした。 人気薄で面白いと思っていた日曜阪神7Rのリセエンヌも大敗。ただ日曜の阪神芝はかなり力が要る状況で、小柄なこの馬には酷な状況でした…

9月11日の回顧

前日が不調だったため気合を入れ直して臨みましたが、何とか4頭とも馬券圏内を確保。巻き返しに成功することが出来ました。 中山2Rの3マイネルユニブラン(3番人気3着)は、能力は出せたものの上位2頭のパフォーマンスが上でした。最後まで渋太く伸びていま…

9月4日の回顧

新潟1Rのウインハイライトは好内容だったのですが、いかんせん勝ち馬が強過ぎました。その勝ち馬を一捻りしているブレスジャーニーは相当な能力を秘めていそうです。札幌8Rのサンヘレナは何とか3着を確保。2着馬は初ダートで能力の高そうな馬なので先着を許…

8月第4週の回顧

先週の絶対軸馬は2-4-0-2。好走率としてはまずまずですが、勝ち切れませんでしたね。「2歳戦の絶対軸馬」は引き続き好調なので、年内はこれでしっかり利益を上積みさせていきたいところです。 土曜新潟1Rを勝ち上がったジュンヴァリアスは全くの楽勝。馬場状…

8月第3週の回顧

先週の絶対軸馬は3-0-2-3。着外3頭はいただけませんが、単勝回収率96%複勝回収率150%と馬券的にはいい働きをしてくれました。以前の記事や競馬王9月号でお伝えした「2歳戦の絶対軸馬」も日曜新潟1Rで10番人気3着と激走(サンアンカレッジ)。とにかく年末…

2歳戦の絶対軸馬が好調キープ

日曜日は札幌1Rのアポロミッションが期待に応えて快勝してくれました。2歳戦、特にライバルに極端な条件変更馬の少ない芝のレースは、絶対軸馬が非常に強い条件と言っていいでしょう。今週末はKF3での推奨馬の激走が欲しいところです。 現在発売中の競馬王9…