絶対軸馬研究会

雑誌『競馬王』で紹介された馬券理論『絶対軸馬』を研究するブログです。ブログのタイトルともなっている「絶対軸馬研究会」とは、考案者の米田氏の承認を受けて、絶対軸馬について研究しているチームです。日々の研究の成果、週末の注目馬、それ以外の競馬にまつわることなどを書いていきたいと思います。

交流重賞予想

2017ブリーダーズゴールドカップの傾向と対策 距離適性重視でタイニーダンサー

スポンサーリンク // 傾向 中央VS地方牝馬限定戦になった近3年、馬券に絡んだのは全てJRA所属馬。地方所属馬の台頭は厳しいレースです。それもそのはずで、ダート中距離という条件を求めてアムールブリエ、サンビスタ、ホワイトフーガといった、牡馬相手でも…

2017サマーチャンピオンの傾向と対策 今年はJRA勢決着が濃厚

スポンサーリンク // 傾向 中央VS地方昨年こそJRAのワンツースリー決着でしたが、過去10年で地方勢の馬券絡みはのべ9頭、かなり地方所属馬が健闘している交流重賞です。JRAからトップクラスが参戦してこないことで、地方馬にも台頭の余地が残されているので…

2017クラスターカップの傾向と対策 ショコラブランの初戴冠に期待

ジャパンダートダービーは△◎○、マーキュリーカップは▲◎○。少点数でなかなかいい予想が出来ているので、この調子を持続したいところです。 傾向1 人気過去10年で1番人気は6勝、9頭が馬券圏内を確保。2番人気も7回馬券圏内と人気馬が強い傾向です。メンバー間…

2017マーキュリーカップの傾向と対策

ジャパンダートダービーは△◎○の決着。馬券もしっかりモノに出来ました。地方交流重賞連勝といきたいですね。 近2年は地方馬の馬券絡みがあり波乱傾向。しかし今年はあまりにも地方勢が手薄で、JRA勢での争いが濃厚です。臨戦過程としては平安S組が相性が良く…

2017ジャパンダートダービーの傾向と対策

絶対軸馬研究会にゆかりのある山本昌さんがプレゼンターを務めるジャパンダートダービー。これは何としても当てたいところです。 pluskeiba.com 過去5年で3回地方馬が馬券に絡んでおり、1頭は台頭してもおかしくないレース。地方交流重賞ながら1、2、3番人気…

2017スパーキングレディーカップの傾向と対策

明日は川崎競馬場でスパーキングレディーカップ。近5年で3頭の地方馬の馬券絡みがあるように、そこまでJRA勢が圧倒というレースではありません。過去5年の馬券圏内15頭中、3角6番手以降の馬はゼロ。定石通り、先行力が必須と言えそう。道中でポジションを上…

2017帝王賞 傾向と対策

本日は春のダートの大一番、帝王賞。近5年でJRA以外の馬券絡みは2015年3着のハッピースプリントのみ。さすがに中距離ダートのトップクラスは地方と中央の差があり過ぎ、地方勢の一発は望みづらい状況です。過去10年で1番人気が9連対と圧倒的な強さを見せてい…

関東オークスの傾向と対策

約3ヶ月ぶりに地方交流重賞を取り上げます。近3年はJRAの関東馬が3連勝中。そして馬券圏内9頭中JRAの関東馬5頭、地方馬3頭、JRAの関西馬1頭という内訳です。その前はJRAの関西馬が優勢だったので一概には言えませんが、馬券妙味を追うなら関東馬、地方馬、関…

ダイオライト記念 傾向と対策

スポンサーリンク // 久しぶりに少しだけ地方交流重賞を。近5年では地方馬が3回3着に入っているので、JRA2:地方1のパターンに決め撃ちをしてみます。先行するクリソライトとマイネルトゥランが抜け出したところを、脚をためた地方馬が3着まで差すというシナ…

佐賀記念の傾向と対策

スポンサーリンク // 過去10年で地方馬の馬券絡みは2回。ここ8年は全てJRAのワンツースリーです。毎年、メンバーレベルは微妙ですが、それでもJRA勢決着なので波乱にはなっていません。地方で馬券絡みした2頭はキングスゾーンとチャンストウライ。交流重賞で…

川崎記念の傾向と対策

過去10年で地方馬が延べ8頭馬券絡み。地方馬健闘のレース…と言いたいところですが、さにあらず。8回のうち5回はフリオーソ。他はアジュディミツオー、ボランタス、サミットストーンですから、東京大賞典で馬券になるレベルじゃないと勝負になりません。1番人…

TCK女王盃の傾向と対策

過去5年で地方馬の馬券絡みは1回。4年連続JRA勢が馬券圏内を独占しており、基本的に地方馬は軽視で良さそう。1番人気馬が過去10年で見ても一度も3着を外しておらず、波乱の余地は少ないか。上位人気2頭+中位人気が精一杯の穴というところ。冬場のダートらし…

東京大賞典の傾向と対策

9年連続で1番人気が馬券圏内、2番人気も過去10年で8回馬券圏内、3番人気は過去10年で6回馬券圏内。ほとんど波乱の余地が無いレースで、敢えて狙うなら3着への5〜7番人気馬の突入ぐらいでしょう。地方馬の馬券絡みは10年で3回。サミットストーンとフリオーソ×…

兵庫ゴールドトロフィーの傾向と対策

過去10年で延べ9頭の地方馬が馬券圏内に突入しており、地方馬の健闘が目立つレース。とはいえ2頭はJRA勢が占めると考えるのが妥当でしょう。 スポンサーリンク // ◎11ニシケンモノノフ○12ノボバカラ△7オヤコダカ△10ドリームコンサート

名古屋グランプリの傾向と予想

8年連続JRA勢が馬券圏内を独占しているレースで、今年も同様の決着の可能性が高そう。 スポンサーリンク // ◎6アムールブリエ

全日本2歳優駿の傾向と予想

地方馬が過去10年で12頭馬券に絡んでいて、交流重賞にしては地方馬の健闘が目立つレース。今年も1頭は馬券絡みがあるとみます。ただ地方馬健闘といっても、前出の12頭のうち川島正行厩舎3頭、社台グループ関係馬(吉田ファミリー名義やサンデーR)4頭、小久…

交流重賞 クイーン賞展望

今日の船橋11Rはクイーン賞。牝馬ダート路線の2番手グループが顔を揃えた印象です。 ◎7マイティティー○12トロワボヌール

JBCを少し

今日はダートの祭典、JBCが開催されますね。2001年の第一回、JBCスプリントのブロードアピール見たさに、関西から在来線を乗り継いできた友人がいたのを思い出します。そして疲れ果てて在来線で帰っていったのも(笑)。 JBCレディクラシック ワイド②⑤JBCス…